映画『ヴェノム』の動画を無料で視聴可能な動画配信サービス一覧

venom

.映画『ヴェノム』のあらすじ・感想

ジャーナリストのエディは連続ホームレス失踪事件について調べていた。ある日、ライフ財団と呼ばれる企業の弁護士を務めていた恋人のアンのパソコンを盗み見し、ある計画を知る。そして、それを追求した事で仕事と恋人を失ってしまう。何もかも失った彼の前に財団で働く女性、ドーラが訪ねてくる。彼女はホームレスを拉致し、人体実験している事を知らされる…。…。
参照元:U-NEXT

制作 2018年
監督 ルーベン・フライシャー
出演キャスト トム・ハーディ ミシェル・ウィリアムズ スコット・ヘイズ ジェニー・スレイト メローラ・ウォルターズ

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「トム・ハーディ」映画一覧

  • 『インセプション』 (2010)イームス役
  • 『Black&White』 (2012)タック・ヘンソン役
  • 『ダークナイト ライジング』(2012)ベイン役
  • 『ダンケルク』(2017)ファリア役
  • 『レブェナント:蘇りし者』(2015)ジョン・フィッツジェラルド役

映画『ヴェノム』 に併せて観たい映画一覧

  • 『デッドプール』(2016)
  • 『ブラッドショット』(2020)
  • 『コンスタンティン』(2005)
  • 『ダークシャドウ』(2012)
  • 『ドラキュラZERO』(2014)

『ヴェノム』のような世界観を好きや方にはお勧め出来る映画5作品です。末期癌治療の筈がスーパーパワーを得たアンチヒーロー『デッドプール』、任務中に死亡したとされたが科学技術によって復活『ブラッドショット』、天使と悪魔との熾烈な戦いを繰り広げる『コンスタンティン』、ヴァンパイアとしての生活、戦いを垣間見える『ダーク・シャドウ』、『ドラキュラZERO』。常人からかけ離れた存在になった、結果的には人を助けてヒーローのようになっていくストーリーが好きな方には是非ともチェックしていただきたいです。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

ヴェノム

映画『ヴェノム』を観た感想

20代男

・友好的?なエイリアン
主演トム・ハーディの力量 エディ・ブロックを演じるトム・ハーディは今作に出演するにあたって撮影側も驚くような演技をいくつも繰り広げていました。アドリブだけでも7時間という規模もあったとも言われており、レストランにてロブスターを齧り付くシーンも本来は予定されていたものではなく、撮影中に彼が突然とった行動によるものでした。衝撃で印象的なシーンの1つですが、彼の予測不可能な行動が作品としての良さを磨き上げてしまえるのはとても素晴らしい演技力があってこそだと言えるでしょう。

・異色のアンチヒーロー
本質は人間の敵になりますが、エディを護る事が結果的に周りの人を助けるに至っているのが綺麗な流れになっています。原作ではスパイダーマンのライバルキャラクターですが当初、スパイダーマンとの共演は難しいのではとされていましたが、クロスオーバーの計画が成されていますので今後の展開が気になってきますね。以前のスパイダーマンシリーズのように、再びスパイダーマンとヴェノムが対立し、戦う日が来るのだろうと考えるとドキドキが止まりません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です