動画『孤狼の血』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

孤狼の血

出典元:2018「孤狼の血」製作委員会

.映画『孤狼の血』のあらすじ・感想

昭和63年、暴力団対策法成立直前の広島。所轄署に配属となった日岡秀一は、暴力団との癒着を噂される刑事・大上章吾と共に、金融会社社員失踪事件の捜査を担当。常軌を逸した大上の捜査に戸惑う日岡。失踪事件を発端に、対立する暴力団同士の抗戦が激化し…。

参照元:U-NEXT

制作 2018
監督 白石和彌
出演キャスト 大上章吾役(役所広司)
日岡秀一役(松坂桃李)
高木里佳子役(真木よう子)
嵯峨大輔役(滝藤賢一)
吉田滋役(音尾琢磨)
上早稲二郎役(駿河太郎)
永川恭二役(中村倫也)
高坂隆文役(中村獅童)

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「役所広司」映画一覧

  • 『すばらしき世界』(2021)
  • 『三度目の殺人』(3.4)
  • 『日本のいちばん長い日』(2015)
  • 『キツツキと雨』(2012)
  • 『トウキョウソナタ』(2008)

映画『孤狼の血』に併せて観たい映画一覧

『孤狼の血』を観た人におすすめの5つの作品が以下の通り。

  • 『孤狼の血LEVEL2』(2021)
  • 『ヤクザと家族 The Family』(2021)
  • 『すばらしき世界』(2021)
  • 『愛のむきだし』(2008)
  • 『ソナチネ』(1993)

孤狼の血』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
一つ目に紹介している『孤狼の血 LEVEL2』は、『孤狼の血』が面白いと思った人は絶対に見るべき、続編。鈴木亮平の演技が狂気的で怖いと話題になりました。また、『ヤクザと家族 The Family』と『すばらしき世界』は、2021年に公開されたヤクザをテーマにした現代映画で、ヤクザの黄金期に輝いていた人たちがヤクザの取締りが厳しくなった現代で生きていくストーリー。ヤクザになる人たちのバックグラウンドやセカンドチャンスを掴もうとする人たちの苦悩をリアルに描いています。グロさと奇想天外さが目立つ『愛のむきだし』や王道ヤクザ映画『ソナチネ』は、どちらも少し前の映画ですが、『孤狼の血』の世界観と一昔前の時代を同時に体感できる作品です。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

孤狼の血

出典元:2018「孤狼の血」製作委員会

映画『孤狼の血』を観た感想

20代男

・邦画低迷期に誕生した”傑作ヤクザ映画”
近年、世界的に映画やドラマの制作は、どんどんスケールとクオリティが高まり、世界的な注目も高まる中、邦画でのヒット作品はあまり出ていませんでした。

そんな中、『凶悪』や『日本で一番悪い奴ら』などの闇社会映画を多く輩出してきた白石和彌が新たな挑戦に挑みました。
演技力に定評のある忖度なしのキャスティングに、柚月裕子による警察小説シリーズ『孤狼の血』にオリジナル脚色を加えた脚本、グロと迫力の融合したド派手な演出。

俳優陣たちの演技力によって、まるでその場に居合わせたかのような感覚に身を包まれること間違いありません。

ヤクザが大暴れしていた昭和の広島を舞台に、汗を流しながらそれぞれが思い描く理想と、それぞれが掲げる正義のために命をかけて立ち向かう男たちは、かっこいいです。

「令和の時代に、ヤクザ映画なんて…」と思う方もいるかもしれませんが、90年代、00年代に誕生したヤクザ映画とは、また違った派手さや緻密さが詰まっているので、騙されたと思って観てみるのをおすすめします。

・役所広司と松坂桃李のバディ関係に憧れる
広島大学出身のエリート・日岡秀一(松坂桃李)通称”ヒロダイ”と時には暴力も惜しまず繰り出し事件を解決していく異端刑事・大上章吾(役所広司)通称”ガミさん”のコンビに注目。

ヒロダイは、取り締まりで殺す寸前まで暴力を振るって白状させたり、暴力団と裏で繋がっている素振りを見せるガミさんに、不信感を募らせます。
しかし、仕事の時間を過ごしていくうちに次第に、不信感と同じだけ尊敬する気持ちも生まれていき、自分の良心・正義感とガミさんを信じる気持ちで揺れ動くように。

変わっていく二人の関係性と、ヒロダイの葛藤の行く末がどうなるのか、最後までお見逃しなく。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です