動画『サーミの血』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

サーミの血

.映画『サーミの血』のあらすじ

サーミ人の血を引くアマンダ・シェーネル監督が1930年代のスウェーデンが抱えていた問題にメスを入れる。出自を捨てて、自由を選んだ少女の葛藤と不安に胸が痛む。 1930年代、ラップランドに暮らす先住民族・サーミ人は、劣等民族として差別されていた。サーミ人の少女・エレは、寄宿学校に通い成績優秀だったが、教師は彼女の進学を受け入れない。ある日、エレはスウェーデン人のふりをして夏祭りに忍び込み…。
参照元:U-NEXT

 

制作 2016年
監督 アマンダ・ケンネル
出演キャスト レーネ=セシリア・スパルロク
ミーア=エリーカ・スパルロク
マイ=ドリス・リンピ
ユリウス・フレイシャンデル
オッレ・サッリ
ハンナ・アルストム

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

映画『サーミの血』 に併せて観たい映画一覧

  • 『アイヌモシリ』
  • 『定められし運命』
  • 『縞模様のパジャマの少年』
  • 『コレット』)
  • 『君の名前で僕を呼んで』

『サーミの血』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
「サーミの血」と合わせた理由は、民族、他、国、男女差別、人種差別になどに深く関わりを持った作品でとても心が動かされたので選択させて頂きました。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

サーミの血

映画『サーミの血』を観た感想

20代女

この作品は、1930年代のスウェーデン北部の山間部にテントを張って居住し、トナカイと共に生きる少数民族サーミ人の少女エレの物語。サーミ人というだけで軽蔑され、差別的な扱いを受ける故郷の民族を捨て、難関を乗り越えながら一人民族を抜けて生きた様を描いたドラマです。

サーミ族とは、ラップランド、ノルウェイ、アメリカ、スウェーデン、フィンランド、ロシア、ウクライナに居住し、トナカイと共に生きる民族です。身体的特徴があり、独特の民謡ヨイクがあります。日本ではアイヌ民族がその血を受け継いでいるとも言われています。
最近では、とても美しい暮らしとして評価を得ており、サーミ人は可愛いと高感度が非常に高くなっています。

多くの人が知るサーミ人を扱った映画は「アナと雪の女王」。クリストフが典型的なサーミ人の民族衣装を着ており、更にはトナカイと共に生活しています。現代では、サーミ人は普通の人間として認知されていますが、1930代頃は違いました。

物語の冒頭は、主人公エレの妹の葬儀にエレとエレの息子と孫と行くところから始まります。高校進学のために出て行ってからはじめての帰還。名前もクリスティーナに変えて生活し、故郷をものすごく犬猿しているエレでした。

もともとエレはとても頭がよく優等生でしたが同時にとても気が強い一面もありました。ある日、学校にお客様が来る事があり、エレが代表に選ばれ挨拶をして、とても気分が良かったのですが、徐々にサーミ人の整体を見に来た人たちと知り愕然となってしまいました。みんなの前で裸ににされて写真を撮られるのですから、少女にとってはとんでもない屈辱です。

その後、一人で歩いていると近所の男たちに襲われ耳を切りつけられてしまうエレはどんどん卑屈になってしまいます。本当にひどい扱いに腸が煮えくり返る思いでした。

ある日、学校の先生の家で洗濯物のワンピースに袖を通していると見知らぬ男性軍に見られ、パーティーに誘われます。そのままワンピースを盗み、パーティーに忍び込んだエレは一人の男性と恋に落ちます。彼の名は二クラス、ウプサラ出身の好青年でした。たまたま、用があってきたのでしょう。お互いに惹かれ合います。

しかし、直ぐにエレの行為が親や学校の先生にバレて連れ帰られお仕置きを受けます。どんどん惨めになる中、学校で先生にウプサラの高校に行きたいと提案するエレ。しかし、あなたは優秀だけど、この学校からは進学が出来ない。他の学校と学力が違うと言われてしまうのでした。ショックでエレは荒み始めます。向上心があるのに、民族として生きるという人生が見えてしまったのですから当然ですね。

それからエレは一人家出をして列車に乗り込みます。そして、眠っている乗客の荷物を盗み洋服を着替え、民族衣装を燃やします。ウプサラを歩き新しい土地を堪能した後、二クラスの家を訪ね、泊めてもらうエレ。次の日、二クラスの親がサーミ人だから上手く出ていくように言えと二クラスに告げ、結局追い出される感じになってしまった。

次にエレはクリスティーナと名乗り寄宿学校に入学。楽しい学生ライフを送るのだが、授業料を収めるように学校側から最速されてしまいます。

途方もなく、もう一度二クラスの家に行くとホームパーティーが開かれていて出席。そこには女子もおり、良くしてくれました。二クラスの友人はエレがサーミ族と知っているので気軽な感じで民謡のヨイクを歌うように言われ、歌うと独特な雰囲気に周りは黙ってしまうが、二クラスだけは追いかけてきてくれます。
しかし、そこでエレが二クラスにお金を貸してもらえるようにいうと二クラスは去っていくのだった。
それからエレは一度故郷に帰り、母親は反対するが最終的に父親のかたみの高級なベルトをくれ、これを売って学費にしなさいとエレを送り出すのでした。

それから何十年の時を経ての帰還、改めて一人故郷を歩くエレは本当は帰れたことが幸せに感じたのではないでしょうか?生きていた妹に会いたかったんだなと感じました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です