映画『マトリックス』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

マトリックス

出典元:1999 Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

.映画『マトリックス』のあらすじ・感想

凄腕ハッカー・ネオの前に、モーフィアスと名乗る男が出現。彼は「この世はコンピューターが作り出した仮想空間だ」と告げ、ネオを世界の救世主として迎え入れようとしていた。コンピューターに支配された現実を直視したネオは、彼らと戦うことを決意するが…。
参照元:U-NEXT

制作 1999年
監督 アンディ・ウォシャウスキー
ラリー・ウォシャウスキー
出演キャスト ネオ/トーマス・アンダーソン(キアヌ・リーヴス)
モーフィアス(ローレン・フィッシュバーン)
トリニティ(キャリー=アン・モス)
エージェント・スミス(ヒューゴ・ウィーヴィング)
預言者/オラクス(グロリア・フォスター)
サイファー(ジョー・パントリアーノ)
タンク(マーカス・チョン)
アポー(ジュリアン・アラハンガ)
マウス(マット・ドーラン)

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「キアヌ・リーヴス」映画一覧

  • 『ビルトテッドの時空旅行 音楽で世界を救え!』(2020)
  • 『レプリカズ』(2017)
  • 『フェイク シティ ある男のルール』(2008)
  • 『コンスタンティン』(2005)
  • 『スピード』(1994)

映画『マトリックス』に併せて観たい映画一覧

  • 『トゥルーマン・ショー』(1998)
  • 『インセプション』(2010)
  • 『メメント』(2000)
  • 『ファイト・クラブ』(1999)
  • 『メン・イン・ブラック』(1997)

『マトリックス』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
『マトリックス』のようなSFアクション映画を楽しみたい方におすすめの5作品を選出しました。『メン・イン・ブラック』は、『マトリックス』のような特殊能力を駆使した攻防戦が見られます。『メメント』『ファイト・クラブ』『インセプション』は、難解映画に分類される作品で、視聴者を翻弄するプロットが特徴的。『トゥルーマン・ショー』は、アクション映画ではないものの、不思議な世界観が『マトリックス』と類似しています。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

マトリックス リローデッド

出典元:U-NEXT

映画『マトリックス』を観た感想

20代女

・「バレットタイム」を使った特殊な撮影方法が映像に迫力をつけている
映画には、過去の名作にリスペクトを込めて真似る数多くのオマージュやパロディが多く見られます。故に、不朽の名作と言われるSF、アクション、クライムというのは、どうしても似た世界観が誕生しがちです。しかし、『マトリックス』は唯一無二の世界観が広がっているのが印象的でした。この独創性を引き立てるのが「バレットタイム」と呼ばれる撮影方法。撮りたいものや人物を囲うようにカメラを配置させ、順番に撮影することで、スローモーションの動きを作ることができるのが「バレットタイム」。臨場感と跳躍感が溢れるので、アクションシーンに迫力をつけてくれます。一方で、準備に時間と労力を要するため、ある程度のイメージを持って撮影に挑まなくてはならず、融通が効かないのが欠点。『マトリックス』では、エージェントが撃った弾丸をネオが身体を反らしてかわすシーンがあり、最も有名なワンシーンとして注目されています。ちなみに、続編の2作目以降はCGに差し替えられているため、特撮で生まれた『マトリックス』を堪能してみてください。

・キアヌのカンフーアクションがかっこいい
『マトリックス』でキアヌ・リーブスは、自らアクションシーンに挑戦しているようでした。というのも、昔のハリウッド映画といえば、アクションシーンに俳優の顔は映らず、スタントマンによるアクションと俳優の表情をつなぎ合わせているものが多かったです。しかし、『マトリックス』では主人公のキアヌ・リーブスがアクションシーンに挑んているため、よりリアルなアクションを楽しむことができました。カンフーアクションを演じるにあたり、香港映画で武術指導をしているユエン・ウーピンから習ったそうです。素早い動きと力強い攻撃を見せるキアヌのアクションシーンに注目してみてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です