映画『レオン』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

レオン

出典元:日本ヘラルド映画

.映画『レオン』のあらすじ・感想

プロの殺し屋として孤独な日々を送るレオンのもとに、家族を惨殺された少女・マチルダが助けを求めてやってくる。復讐のために殺しの訓練を乞う彼女を断りきれないレオンは、マチルダと奇妙な同居生活を始める。2人は徐々に心を通わせていくが…。
参照元:U-NEXT

制作 1994年
監督 リュック・ベッソン
出演キャスト レオン(ジャン・レノ)
マチルダ(ナタリー・ポートマン)
ノーマン・スタンフィールド(ゲイリー・オールドマン)
トニー(ダニー・アイエロ)
マイキー(ピーター・アペル)
マチルダの父(マイケル・パダルコ)
マチルダの母(エレン・グリーン)

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演ジャン・レノ」映画一覧

  • 『アーニャは、きっとくる』(2019)
  • 『グレート・アドベンチャー』(2017)
  • 『プロヴァンスの休日』(2014)
  • 『クリムゾン・リバー』(2000)
  • 『フレンチ・キス』(1995)

映画『レオン』に併せて観たい映画一覧

  • 『ニキータ』(1990)
  • 『WSASABI』(2001)
  • 『パルプ・フィクション』(1994)
  • 『ユージュアル・サスペクト』(1995)
  • 『セブン』(1995)

『レオン』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
『レオン』のようなクライム映画を観たい人におすすめの5作品を選出しました。ジャン・レノ演じるレオンが掃除屋(殺人現場を片付ける仕事)として数十秒だけ登場する『ニキータ』。本作が誕生するきっかけとなった作品ですので、『レオン』好きは是非とも観てもらいたいです。また、結末が読めないドキドキ・ハラハラを堪能できるのが『ユージュアル・サスペクト』と『セブン』。終わった後の衝撃に余韻から抜け出せなくなること間違いなしの良作です。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

レオン

出典元:U-NEXT

映画『レオン』を観た感想

20代女

・オーディションで抜擢されたナタリー・ポートマンは本作が映画初出演
『レオン』のヒロイン・マチルダの候補者は2000人いたとのことです。これだけ多くの候補者の中から見事に役をつかんだナタリー・ポートマン。今では、ハリウッドを代表する大女優の1人として知られています。オーディション当時、11歳だったナタリー・ポートマンは年齢が若すぎるという理由で有力視されていなかったそう。ところが、両親に加えて可愛がっていた弟まで惨殺されたことを知って取り乱す演技を見た監督が、その場で抜擢。見た目は少女でありながら、家族を殺され復讐心に燃えるマチルダからは、大人の女性に劣らぬ達観した落ち着きぶりや大人びた表情が甲斐見えます。『レオン』が映画初出演とは思ぬ、演技力を披露しているので、ナタリー・ポートマンのファンなら見逃せない一作ですね。

・映画『ニキータ』との関係性

・マチルダの名セリフとレオンのギャップが良い
冒頭から残虐に人が殺されたり、復讐のためとはいえ大量の人が血だらけになる場面が多い”スプラッター映画”であるにも関わらず、高く評価され続けている不朽の名作として語り継がれていますよね。大人びた少女・マチルダは、レオンから年齢の若さを指摘された際に「もう大人よ、あとは歳を取るだけ」と早熟な一面を見せたり、こめかみに銃口を向けながら「私が欲しいのは愛か死よ」とレオンの心を揺さぶってみたり、マチルダの唯一無二なキャラクター性が光ります。一方、ジャン・レノ演じるレノンは、寡黙で冷酷な殺し屋かと思いきや、マチルダの妖艶な言動にあたふたしたり、落ち込むマチルダに豚の真似をして笑わせようとしたり、可愛い一面を持ち合わせています。おかっぱ少女とメガネ男というアイコニックなビジュアルもインパクトがあり、人気を集める理由の一つと言えそうです。ちなみに、オン眉で短めのおかっぱヘアをマチルダヘアと呼ぶこともあるので、時代を超えた”お洒落”が詰まっていることが分かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。