映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

出典元:WARNER BROTHERS

.映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』のあらすじ・感想

魔法の腕は超一流だがおっちょこちょいな魔法使い、ニュート・スキャマンダーは、トランクを手に世界中を旅しながら魔法動物を集めている。だが、ニューヨークでトランクから危険な魔法動物たちから逃げ出し、町中が大パニックに陥ってしまう…。
参照元:U-NEXT

制作 2016年
監督 デヴィッド・イェーツ
出演キャスト ニュート・スキャマンダー役(エディ・レッドメイン)
ティナ・ゴールドスタイン役(キャサリン・ウォーターストン)
ジェイコブ・コワルスキー役(ダン・フォグラー)
クイニー・ゴースドスタイン役(アリソン・スドル)
クリーデンス・ベアボーン役(エズラ・ミラー)
メアリー・ルー・ベアボーン役(サマンサ・モートン)
ヘンリー・ショー・シニア役(ジョン・ヴォイト)

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「エディ・レッドメイン」映画一覧

  • 『マリリン 7日間の恋』(2012)
  • 『レ・ミゼラブル』(2012)
  • 『博士と彼女のセオリー』(2015)
  • 『リリーのすべて』(2016)
  • 『シカゴ7裁判』(2020)

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』に併せて観たい映画一覧

  • 『シェイプ・オブ・ウォーター』(2017)
  • 『ビッグ・フィッシュ』(2003)
  • 『ロード・オブ・ザ・リング』(2001)
  • 『ハリー・ポッターと賢者の石』(2001)
  • 『チャーリーとチョコレート工場』(2005)

『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』と似ているファンタジー要素の世界観が広がる5作品を選出しました。
中でも、『ハリー・ポッターと賢者の石』は、『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』と同じ原作者J.K.ローリングによる作品です。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

出典元:WARNER BROTHERS

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅

出典元:WARNER BROTHERS

映画『ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅』を観た感想

20代女

・ホグワーツ魔法魔術学校で用いられている教科書の著者が主人公
主人公のニュートは、ホグワーツ魔法魔術学校出身という経歴を持ち、『ハリー・ポッター』シリーズの主人公・ハリーと同様に、ダンブルドア先生を恩師としている共通点があります。
ホグワーツを去ってからニュートは、世界中を旅しながら魔法動物を集めるのですが、本作で登場する魔法動物たちは、後にホグワーツで使われる教科書「幻の動物とその生息地」に登場しているのです。
つまり、『ハリー・ポッター』シリーズでハリーたちが読んでいた教科書の著者がニュートであるということになります。

・『ハリー・ポッター』シリーズでも登場する魔法動物の捕獲に注目
たくさんの可愛らしい魔法動物が登場するの中でも注目は、「ニフラー」と「デミガイズ」の2匹。
ニフラーは、もぐらのような容姿をしており、キラキラしたものが大好きな動物です。
俊敏なので一度逃げ出てしまうと、捕まえるのが難しく、ハリーもニュートも本編で苦労しています。
デミガイズは、猿のような容姿をしており、千変万化に姿を変えたり、未来を予想する能力を持っている動物です。
ちなみに、『ハリー・ポッター』シリーズで登場する”透明マント”は、デミガイズの毛が使われているのです。

本作で登場する魔法動物たちは、可愛らしい見た目で唯一無二の能力を持ち合わせており、違った魅力があります。
そんな魔法動物が逃げ出してしまった時、ニュートが奇想天外な方法で捕獲していく様子が面白いです。

・「魔法」と「20年代のアメリカ」の融合した世界観が魅力的
1920年代のアメリカを舞台に、伝統的な建造物が並ぶ街並みや、20年代の社会問題が忠実に再現されていました。

現代とは異なるファッション、交通、建築、インテリアは、惚れ惚れしてしまうほど美しいです。
また、20年代に起こった魔女狩り、人種差別、貧困、移民などの問題にも触れながら、ニュートの冒険を楽しみながら観ることができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。