映画『ダークナイト』の動画を無料で視聴可能な配信サービス

 

ダークナイト

出典元:2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All right reserved.

.映画『ダークナイト』のあらすじ・感想

大都会ゴッサム・シティで起こる犯罪に対し、ゴードン警部補とバットマンは取締を強化するが、口の裂けたピエロ顔の犯罪者ジョーカーが勢力を拡大。新任検事のハービーも正義感に萌え操作をするが、ジョーカーに捕われて大火傷を負ってしまい…。
参照元:U-NEXT

制作 2008年
監督 クリストファー・ノーラン
出演キャスト ブルース・ウェイン/バットマン(クリスチャン・ベイル)
ジョーカー(ヒース・レジャー)
ハービー・デント検事/トゥーフェイス(アーロン・エッカート)
ゴードン警部補(ゲイリー・オールドマン)
アルフレッド(マイケル・ケイン)
レイチェル・ドーズ(マギー・ギレンホール)
ルーシャル・フォックス(モーガン・フリーマン)
マローニ(エリック・ロバーツ)
ゴッサム市長(ネスター・カーボネル)

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「クリスチャン・ベイル」映画一覧

  • 『ターミネーター4』(2009)
  • 『マネー・ショート 華麗なる大逆転』(2015)
  • 『リベリオン』(2002)
  • 『プレステージ』(2006)
  • 『アメリカン発する』(2013)

映画『ダークナイト』に併せて観たい映画一覧

  • 『バットマン』(1989)
  • 『メメント』(2000)
  • 『セブン』(1995)
  • 『ファイト・クラブ』(1999)
  • 『シャッターアイランド』(2010)

『ラ・ラ・ランド』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
『ダークナイト』のように狂気的なサイコキラーが登場する作品を観たい方におすすめな5作品がこちらです。『バットマン』は、ティム・バートンが独特の世界観で描き、『ダークナイト』シリーズとは違ったバットマンとジョーカーを観ることができます。また、残りの4作品については、サイコキラーが正義を翻弄し、行き着く結末が全く想像できないストーリー展開が見どころです。複雑な難解映画を観て楽しみたい時にぴったり。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

ダークナイト

出典元:2008 Warner Bros. Entertainment Inc. All right reserved.

映画『ダークナイト』を観た感想

20代女

・『バットマン』シリーズ第2弾
近年、ジョーカーを軸に描いた作品やヴィラン達が大暴れする作品が続々と制作されるなど密かに人気を集めつつある悪党。『バットマン ビギンズ』(2005)の続編として登場した本作は、「犯罪こそ最高のジョーク」と不気味な笑みをこぼす最恐ヴィランのジョーカーが登場します。悪が蔓延るゴッサムシティを舞台に、人々の悲観的な感情や悶々とした苦悩が反映されたようなどんよりとしたダークな雰囲気が街全体に広がっています。そんな中で、一際漆黒のオーラを纏ったジョーカーは、お金に関心がなく、ひたすら人々を恐怖の渦に巻き込みたいという好奇心を生きがいとするサイコパス。失う物がない人間ほど恐ろしい存在はないな…と観ているだけで恐怖を感じました。そんなジョーカー相手に、バットマンがどう立ち向かっていくのか、最後までドキドキハラハラを堪能することができる作品です。

・CGなしで描かれる映像が圧巻
クリストファー・ノーラン監督といえば、大のCG嫌いで有名な監督です。CGを使わないためなら、多額の制作費を費やして、飛行機やビルを爆発させることも平気でやってしまうのです。そんなクリストファー・ノーラン監督は、『ダークナイト』でもいろいろなものを破壊していました。あまりにも壮大なため、これは流石にCGではないか…と思う場面もあったのですが、ビルの爆破解体まで全てをCGなしで演出。特に、鳥肌が立つほど驚いたのが、ジョーカーがゴッサム総合病院を襲撃する場面。古びた工場を撮影現場として採用し、波が立っているような非現実的な崩壊シーンに仕上げるために、事前にビルを真っ二つに割って置いたそうです。そういった下準備の元、ジョーカーを演じるヒース・レジャーの怪演と共に、一発勝負の撮影を成功させています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。