映画『LUCY/ルーシー』の動画を無料で視聴可能な動画配信サービス一覧

 

LUCY/ルーシー

台湾に留学するルーシーは恋人のリチャードにアタッシュケースを運ぶ仕事を知らされる。あまりにも胡散臭い仕事に否定的だったが、彼にアタッシュケースと手錠をかけられてしまい、結局運ぶしかなくなってしまう。しかし、アタッシュケースを持っていく主は麻薬王であり、ルーシーは腹部に『CPH4』という麻薬を埋め込まれてしまう。そして、理不尽な暴力によりそれが破裂し、麻薬が体内に駆け巡る事で脳の覚醒が始まる。

制作 2014年
監督 リュック・ベッソン
出演キャスト スカーレット・ヨハンソン / モーガン・フリーマン / アムール・ワケド / チェ・ミンシク / アナリー・ティプトン

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「スカーレット・ヨハンソン」映画一覧

  • 『アイランド(2005年) サラ・ジョーダン役
  • 『私がクマにキレた理由』(2007年) アニー・ブラドック役
  • 『アベンジャーズ』(2012年) ブラック・ウィドウ役
  • 『ブラック・ウィドウ』(2021年) ナターシャ・ロマノフ / ブラック・ウィドウ役
  • 『ジョジョ・ラビット』(2019年) ロージー・ベッツラー役

 

LUCY/ルーシー

LUCY/ルーシー

映画『LUCY/ルーシー』に併せて観たい映画一覧

  • リミットレス(2011年)
  • プリデスティネーション(2014年)
  • ミッション:8ミニッツ(2011年)
  • トランセンデンス(2014年)
  • ジャンパー(2008年)

『LUCY/ルーシー』に近い世界観を好む方にお勧め出来る映画5作品となります。今作と同じ脳の活動域を引き上げられる展開となっている『リミットレス』、あらゆる時間でのストーリー展開で複雑さを持つ『プリデスティネーション』、限られた時間で事件を解決の糸口を見つける『ミッション:8ミニッツ』、驚異的な力、能力に周囲が混乱に巻き込まれる『トランセンデンス』、『ジャンパー』。『ルーシー』のような超越した事象が描かれる作品が好きな方にははまれる作品ばかりですので、是非ともチェックしていただきたいです。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

映画『LUCY/ルーシー』を観た感想

30代男

・脳の使用率

人間の殆どが脳の10%にも満たないと言われています。ルーシーはトラブルによって10%以上の活動を見せます。脳の活動域が広がるにつれて、逸脱した能力を開花させていく展開に目が離せません。同時に感情を頻繁に露にしていたルーシーの表情が失われていく展開は、感情が一番に排除されるもので、覚醒の代償は非常に大きいものだと感じます。微かに残る感情で何とか親への会話が非常に心苦しいものでした。脳の使用率が増えると見えてくるものも大きく変わってくると思いますが、新鮮さと怖さも同居するのかもしれないというのが、この作品から伝わってきます。

・スカヨハの演技力

彼女が演じる人物は冷静で上品な女性が多かったため、この作品での演じる彼女に驚いた事を覚えています。クールのイメージがあった彼女が怯え、泣きだすシーンが新鮮で非常に楽しめました。その後、脳の覚醒によってそれも失われていく展開が感情表現のレベルが世界で輝く彼女の全てなのだと窺えます。

・高度な演出

ルーシーの覚醒によって様々な能力が引き出されていく演出は目を見張るものがあります。電波のジャック、物の透視などのあらゆる物体への干渉がとても迫力があり、とても魅力的です。少しずつ圧倒的な強さへと変化していき、普通の人間では決して敵わない存在へと変わっていく展開、人類が踏み入れる事が出来なかった領域へ達する瞬間が幻想的で、『テーマ』が壮大に描かれています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です