動画『ショーン・オブ・ザ・デッド』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

動画『ラ・ラ・ランド』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

ショーン・オブ・ザ・デッド

出典元:Images country of Park Circus/Universal

.映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』のあらすじ・感想

家電量販店で働くショーンの楽しみは、同居している親友・エドとのゲームとパブでのビール。恋人・リズにふられて飲み過ぎた翌朝、ショーンが目を覚ますと、街はゾンビであふれ返っていた。愛するリズと母親を救うため、無気力男・ショーンが立ち上がる。
参照元:U-NEXT
参照元:U-NEXT

制作 2004年
監督 エドガー・ライト
出演キャスト ショーン役(サイモン・ベッグ)
リズ役(ケイト・アシュフィールド)
エド役(ニック・フロスト)
デヴィッド役(ディラン・モーラン)
ダイアン役(ルーシー・デイヴィス)
バーバラ役(ベネローブ・ウィルトン)
フィリップ役(ビル・ナイ)

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「サイモン・ベッグ」映画一覧

  • 『変態小説家』(2006)
  • 『スター・レック イントゥ・ダークネス』(2009)
  • 『しあわせはどこにある』(2013)
  • 『宇宙人ポール』(2018)
  • 『ミッション:インポッシブル フォールアウト』(2018)

映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』 に併せて観たい映画一覧

『ショーン・オブ・ザ・デッド』を観た人におすすめしたい作品が以下の5本です。

  • 『ゾンビーノ』(2006)
  • 『ゾンビランド』(2009)
  • 『ウォーム・ボディーズ』(2013)
  • 『ワールド・ウォーZ』(2018)
  • 『ゾンビーズ』(2018)

ゾンビ映画には様々なタイプの作品があるのですが、『ショーン・オブ・ザ・デッド』といえばコメディ要素が強くグロ描写が少ないのが特徴的です。
ゾンビ映画に興味はあるけど、内臓が見えたりリアルな血飛沫は苦手…という方におすすめなのがコメディ『ゾンビーノ』、学園ドラマ『ゾンビーズ』、ラブロマンス『ウォーム・ボディーズ』の3作品です。
多少グロさはあっても大丈夫!という方におすすめなのが本作がイギリス発のコメディゾンビ映画に対して、アメリカ発のコメディ映画『ゾンビランド』とパンデミック系のサバイバル映画『ワールド・ウォーZ』です。 この2作品で登場するゾンビは、とにかく足が早くスピーディーな対決が繰り広げられているため、ドキドキ・ハラハラが堪能できるでしょう。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

ショーン・オブ・ザ・デッド

出典元:Images country of Park Circus/Universal

映画『ショーン・オブ・ザ・デッド』を観た感想

30代男

・エドガー・ライト節が全開の演出
エドガー・ライトといえば、後に『ベイビー・ドライバー』や『ラストナイト・イン・ソーホー』などの大ヒット作品を生み出すポップ映画監督。

スピード感に細かい切り替わりのあるカメラワークと物語と絡み合うロックな選曲で、観客の心を鷲掴みにします。

本編で特に注目したいのは、パブで絶体絶命のピンチに陥るエド達が、Queenの「Don’t Stop Me Now」の曲に合わせてゾンビに立ち向かうシーン。
曲が流れ始めるタイミング、曲が流れることになった経緯、歌詞とリンクした状況、全てにおいて、Queenは、『ショーン・オブ・ザ・デッド』のためにこの曲を作ったの?とツッコミたくなる程、ぴったりです。

エドガー・ライトのセンスの良さが全編を通じて感じられること間違いなしです。

・THEブリティッシュなシニカルさがクセになる

イギリス人といえば「婉曲な物言いばかり」「嫌味が多い」「いつもしかめっつら」「パブ好き」など数々のステレオタイプが挙げられますが、こういったイギリス人らしい性格が全開です。
ゾンビだらけの街中で、口を開けば皮肉を言い合い、ゾンビがすぐそばにいても相手を小馬鹿にすることを忘れません。

バカらしいなあと思いながらも、どこか憎めないのは、仕事も恋愛もダメでも一生懸命に生きている姿がどこかかっこいいからではないでしょうか。
ダサいけど、本気で笑って、本気で泣いて、本気で怒ることを忘れてしまった大人には彼らが美しく見えるかもしれません。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です