映画『リトル・ダンサー』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

リトル・ダンサー

.映画『リトル・ダンサー』のあらすじ・感想

イギリスの炭鉱町で暮らす11歳のビリー。ボクシングを習っていた彼は、偶然見かけたクラシックバレエに魅了される。父親の大反対を受けるも、ビリーは女子に混じって練習に没頭。その上達ぶりを観て、バレエ教室の先生はオーディションを受けさせようとする。…。
参照元:U-NEXT

制作 2000年
監督 スティーヴン・ダルトリー
出演キャスト ビリー役(ジェイミー・ベル)
ウィルキンソン先生役(ジュリーウォルターズ)
パパ役(ゲイリー・ルイス)
トニー役(ジェイミー・ドレイヴン)
25歳のビリー役(アダム・クーパー)
ジーン・ヘイウッド
スチュアート・ウェルズ

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「ジェイミー・ベル」映画一覧

  • 『キング・コング』(2005)
  • 『ディファイアンス』(2008)
  • 『タイタンの冒険』(2011)
  • 『スノーピアサー』(2013)
  • 『SKIN/スキン』(2019)

映画『リトル・ダンサー』 に併せて観たい映画一覧

『リトル・ダンサー』で描かれる「偏見」「スポーツ」「社会問題」「家族愛」をテーマにした5作品をお楽しみください。

  • 『ミリオン・ダラー・ベイビー』(2004)
  • 『ダンガル きっと、つよくなる』(2016)
  • 『家族を想うとき』(2019)
  • 『グッド・ウィル・ハンティング』(1997)
  • 『スウィング・キッズ』(2018)

『リトル・ダンサー』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの5作品です。
選手生命の年齢をすぎた女性がプロボクサーを目指す『ミリオン・ダラー・ベイビー』と男尊女卑が根強く残るインドで女子レスリングのオリンピックを目指す『ダンガル きっと、つよくなる』では、それぞれ偏見やステレオタイプに恐れず立ち向かう主人公と、社会問題を提起した心に訴えかけるストーリーが印象的です。
『リトル・ダンサー』では父と息子の関係が印象的ですが、『家族を想うとき』でも父親が家族のために奮闘するストーリーが描かれていて感動的です。
『グッド・ウィル・ハンティング』では、自分の境遇を理由に悲観的に生きる青年を主人公に、才能を伸ばそうとする教授の交流が描かれ、『リトル・ダンサー』でビリーの才能を評価するバレエ教室の先生との関係に通ずるものがあります。
そして、『リトル・ダンサー』でビリーが音に身を任せてタップダンスをするシーンに魅了された人におすすめなのが、タップダンスをテーマにした韓国映画『スウィング・キッズ』です。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

リトル・ダンサー

映画『リトル・ダンサー』を観た感想

20代男

・イギリスのブルーカラー階級のリアルな現状

イギリスで根強く残る貧困格差問題。炭鉱工業の仕事しか知らないビリーの父親は、「男なら炭鉱」「男なら強くあれ」「男ならボクシング」とビリーを制圧します。教育を受ける機会がないからこそ、ブルーカラー階級に生まれた子供たちは、親と同じ道を進むのが当然と思い込んでしまいます。ブルーカラー階級の人たちの劣悪な暮らしぶり、イギリスで蔓延るストライキ問題、貧困の悪循環など、イギリスの抱える社会問題が投影された作品となっています。

・パパの心境の変化が感動的
ビリーを強くするために、通わせていたボクシング教室で、バレエに魅了されたビリー。踊ること、跳ぶことに喜びを感じるビリーを受けられないパパですが、バレエを極めることによって自分とは違う未来をビリーに歩ませることができるかもしれないと気づくタイミングあります。頑固で短気なパパが、次第に自分の価値観を改め、ビリーのために今までしてこなかった決断を下していくように。父親が息子の幸せを思って動き出す瞬間は、とても感動的でビリーとパパの絆は涙を誘います。

・跳躍的なダンスシーン
バレエに魅了されるビリーは、日常的に聞こえてくる音に合わせて身体を自由自在に動かすようになります。時には、高くジャンプし、時には力強くタップダンスをし、次第に額には汗が流れ、次第に上がる息、全身で踊ることを楽しむビリーのダンスシーンは圧巻です。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です