映画『おくりびと』を無料で視聴可能な配信サービス一覧

おくりびと

.映画『おくりびと』のあらすじ・感想

納棺師が成長する姿を通じて、夫婦の絆や家族愛、友情などをユーモアも交えながら温かく捉え、国内外から称賛を集めた作品。本木雅弘による納棺の美しい所作にも注目を。
楽団の解散によってチェロ奏者への道を諦め、妻の美香と共に故郷の山形に戻った大悟。職探しを始めた彼は、「旅のお手伝い」という求人広告を見つける。早速面接に向かうと、社長の佐々木は大悟の採用を即決するが、その仕事は遺体を棺に納める納棺師だった…。
アカデミー賞外国語映画賞を受賞。日本映画初の快挙を果たした記念碑的作品
参照元:U-NEXT

制作 2008年
監督 滝田洋二郎
出演キャスト 小林大悟役:本木雅弘
小林美香役:広末涼子
佐々木生栄役:山崎努
上村百合子役:余貴美子
山下ツヤ子役:吉行和子

映画・アニメ・コミック・雑誌を視聴するならU-NEXTがおすすめ

U-NEXT

作品 ・洋画、邦画、海外ドラマ、韓流、アジアドラマ、国内アニメ
・漫画
・雑誌
おすすめポイント 無料登録後にスグ視聴可能!
(見放題作品はポイント消費もありません!)
・無料期間は31日間
・有料作品に使える600円分のポイントが貰えます。
アニメ・コミック・雑誌も楽しめます。
・雑誌読み放題も無料期間中に楽しめます。
ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。
無料期間後の料金 月額2,189円(税込)家族3アカウント迄利用できます。
※お試し期間終了前に解約すれば料金は0円

U-NEXTであれば、無料お試し期間に登録したその場から動画を視聴できます。最新の配信状況はU-NEXTサイトにてご確認ください。57 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。 万冊以上の電子書籍も配信。(マンガ 30 万冊、書籍 23 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 万冊、ライトノベル 4万冊、 雑誌 80 誌以上の雑が読み放題)
動画も書籍アニメ版から実写、原作本まで アニメ版から実写、原作本まで 1つのアプリでシームレスに楽しめます。(2020年6月時点)

主演キャスト「本木雅弘」映画一覧

  • 『坂の上の雲』(2009)
  • 『麒麟がくる』(2020)
  • 『大河ドラマ 徳川慶喜』(1998)
  • 『日本のいちばん長い日』(2015)
  • 『天空の蜂』(2015)

映画『おくりびと』 に併せて観たい映画一覧

  • 『陰陽師』(2001)
  • 『陰陽師II』(2003)
  • 『壬生義士伝』(2002)
  • 『秘密』(1999)

『おくりびと』と似た世界観を楽しみたい方におすすめの作品です。
「滝田洋二郎」監督の映画・・難しいタイトルの映画が多いですが見た後に温かい気持ちを感じさせてくれます。監督の多くの映画カテゴリ実績を積んだ経験が、シリアスとコメディのバランス感覚を生んでいるんですね。

無料お試し動画おすすめサイトの一覧

  無料お試し

月額869円(税込)
映画好きのための動画配信サービス/評価の高い作品が多数。

 公式サイトへ
unext 無料お試し

月額2,189円(税込)家族3アカウント有り
動画/漫画/雑誌 ひとつのサービスで観るも読むも、お楽しみいただけます。

 公式サイトへ
TSUTAYA 無料お試し

月額2,052円(税込)
CD/DVDの宅配レンタル 定額レンタル8 CD/DVDをネットで注文、ご自宅まで2枚1組でお届けするサービスです。

 公式サイトへ
DMM見放題chライト 無料お試し

月額550円(税込)
大ヒット映画やドラマ、バラエティ、アイドルなど充実のラインナップ。

 公式サイトへ
abemaTV 2週間無料お試し

月額960円(税込)
ABEMAプレミアム限定作品を毎週追加 /放送中でも最初から視聴可能です。

 公式サイトへ
hulu 2週間無料お試し

月額1,026円(税込)
70,000本以上のさまざまなジャンルのコンテンツ映画、ニュース、スポーツ、キッズ向けチャンネルなども楽しめます。

 公式サイトへ

※無料お試し期間内に解約すれば料金は発生しません。

lalaland

参照元:2016 Summit Entertainment, LLC. All Rights Reserved.

映画『おくりびと』を観た感想

20代男

「おくりびと」は青木新門著書「納棺夫日記」を読んだ本木雅弘さんが感銘を受け、滝田洋二郎監督により映画化されました。本木雅弘が出演すると場面が引き締まる場面が好きです。
亡くなった人の旅立ちを手伝う仕事が美しい音楽とともに描かれています。「死という不条理との向き合い方」を職業にする方と普段はお逢いすることはありませんが、誰でも親や親族の出来事に向かい合う事ことがいつの日か来ます。身内の死に立ち会ったことでその場面を思い出しました。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です